ニュージーランド英語の訛りとニュージーランド人のリテラシー

9月8日は、UNESCOによって制定された国際識字デー(International Literacy Day)だったのを、ご存知でしたか?

国際識字デー (Wikipedia)

識字率の高い国の一つである日本では、あまり話題にならなかったかも知れませんが…。

識字率による国順リスト (Wikipedia)


日本は、単なる読み書きを対象とした識字率も、読み書きに読解記述力を含めたリテラシーも、高い国だと思います。

※世界の国々のリテラシー(Literacy)の現状に興味がある方は、下記、Wikipediaのページも読んでみて下さい。(英語)
Literacy (Wikipedia)




そんな日本では話題にならなかったかも知れない国際識字デーにちなんで、

ニュージーランドでは、ちょっと興味深いニュース記事が紹介されていました。。。

Kiwi accent might affect literacy, experts say (Stuff.co.nz)

ニュージーランド英語の訛りが、ニュージーランドの人たちのリテラシーに影響しているのではないかという、えぇ?という話題。


上記ニュース記事の中にも紹介されていますが、ニュージーランドのMinistry of EducationとMinistry of Business Innovation and Employmentによる2016年のレポート「Skills in New Zealand and around the world」によると、

日本は、OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development:経済協力開発機構)の国々の中で、算数とリテラシーの両方において、高いスキルを持っていることが分かります。(レポートのp6-p7)

興味のある方、ダウンロードして読んでみて下さい。(英語ですが、箇条書きで分かり易く説明してあったり、統計グラフ等もたくさん含まれたりしています。)

Skills in New Zealand and around the world - Survey of Adult Skills (PIAAC)
June 2016 by Ministry of Education and Ministry of Business Innovation and Employment
http://www.educationcounts.govt.nz/__data/assets/pdf_file/0003/173514/Skills-in-New-Zealand-and-around-the-world-Adjusted-Nov-2016.pdf



ところがところが、、、ニュージーランドは、、、

大人の12%がレベル1。(※よく知っているトピックについての短い文章なら理解できる程度←厳密な定義ではないので、リテラシーレベルの定義をより詳しく知りたい方は、ご自身で調べて下さい。)
そして、 Literacy Aotearoaによると、16歳から64歳までの内の43%の人は、長文の読解力に問題があるみたいです。

で、ニュージーランド人のリテラシーの低さの原因の一つが、母音の音が訛ってしまっているニュージーランド英語にあるのではないかと言っている人たちがいるみたいなんです。


母音の訛りの例として、

fish and chipsが、fush and chupsに近い音になったり、

penが、pinに近い音になってしまうことが、

記事の中で紹介してあります。

この音の訛りが、英語のスペル(を覚えること)を難しくしているのではないかと。


他にも、Ara Institute of Canterbury(旧CPIT(Christchurch Polytechnic Institute of Technology)とAoraki Polytechnicの合併で出来た学校)でadult literacyを教えているBarbara Dixonさんによると、ニュージーランド人の生徒さんは、ayとah、eとiの音の区別が難しい場合があるそうです。
特に、ディスレクシア(読字障害・読み書き障害)を持つ人には、この音の訛りが、スペル理解に影響を与えているのではないかとのこと。


勿論、他にもいろいろな原因や影響が考えられるそうですが、、、

英語の訛りがリテラシーに影響しているかも知れないという、新しい視点の、ちょっと意外なニュース記事だったので、ご紹介してみました。

英語がネイティブの人たちでも、英語の読み書き、そして、読解記述は、かなりの割合の人にとって、難しかったりするんですね。(東大ロボ君にも難しかった読解力。⇒あなたの英語が通じない理由は、東大ロボット「東ロボくん」が東大合格を諦めた理由と同じかも?)

ということで、第二外国語として英語を学ぼうとしている皆さん、もっともっと自信を持って、下手な英語でもどんどん使ってみて下さ~い!


追伸:
上記ニュース記事から数日後の昨日、ニュージーランド人のリテラシーが低いのは、ニュージーランド訛り(キウィ訛り)に原因があるんじゃなくて、バカげた英語のスペルに問題があるんだぁ~という意見が掲載されていました。
確かに、英語のスペルは、発音しない文字が含まれていたり、同じ綴りでも違う音になったり、同じ音でも違う綴りになったりしますものね。。。
Your Kiwi accent is not the problem – English spelling is

あなたの英語が通じない理由は、東大ロボット「東ロボくん」が東大合格を諦めた理由と同じかも?

大変ご無沙汰しています。
下手名英子です。

昨年、英語のニュースクイズ企画をお届けしていましたが、、、この企画、、、「英語が使えるようになりた~い!」と願っているみなさんが、英語が使えるようになる為のお役には、あまり立っていないのでは、、、という疑問が浮かび、、、

もっと何か良い方法がないかと、、、考えること、ん?んん?
約9カ月~~~。


その間、

新たな資格を取得したり、
アメリカやヨーロッパ、オーストラリア等の大学の講義をオンラインで受講したり、

自分が興味のあることなら何でも次々と、いろ~んな勉強をしてみました。
英語でいろんな講義を受けている中で、思いついたことがたくさんあって、それらを、これから、少しずつご紹介していきたいと思っています。


そんな時、英子が毎日のようにチェックしているTEDで、下記の、国立情報学研究所の新井紀子(あらいのりこ)教授による「Can a robot pass a university entrance exam?」というビデオを見かけました。



まだ、TED上で公開されてからあまり時間が経っていないので、英語の字幕やテキスト(Transcript)しかありませんが、時間が経過すると、ボランティア翻訳者の方々による、日本語も含めた多言語の字幕やテキストが公開されると思います。


「いきなり英語のビデオはハードルが高い~~~」という方、NHKのニュースウォッチ9、特集ダイジェストで紹介されている下記の記事を予備知識として読んでみて下さい。

人工知能「東ロボくん」 “東大諦める” 2016年11月8日(火)


リンク先NHKのページでは、「東ロボくん」が越えられなかった壁の例として、暑くて喉が渇いた状況での適切な答えを、英単語を並び替えて英作文する問題で、「冷たい物が飲みたい」としなければならないところを、「寒いので何か飲みたい」と間違ってしまう例が紹介されています。


上記、新井教授のトーク(ビデオ)では、08分19秒辺りから、東大を諦めた例として、会話の穴埋め問題で、Wait(待って)の後に続く最適な文として、「東ロボくん」は、正解の「靴ひもがほどけてるよ」ではなく、「もうすぐ着くよ」を選んだことが紹介されています。
その後に続く文章の中に、「5分前にも結び直したばかりじゃないか」と言う言葉があるにもかかわらずです。

「東ロボくん」は、150億もの英語の例文を機械学習したというのに、常識的な判断として、会話の意味が通じる「靴ひもがほどけてるよ」より、使われている頻度の高い会話の返答例である「もうすぐ着くよ」を選んでしまうこと。
人工知能の機械学習では、いくら文法的に正しい英作文が作成出来ても、会話の「意味」を理解することには(現時点では)限界があると感じ、東大入学を諦めたそうです。

ビデオの前半部分では、

「17世紀の東アジアと東南アジアにおける海上貿易の繁栄と衰退について、東アジアと東南アジアの国々の貿易政策と欧州勢力のアジアにおける活動を含め、600字以内で論ぜよ」


↑英子によるもの凄い適当な訳です。

という小論文(エッセイ)問題を、いとも簡単に突破してしまう「東大ロボくん」が紹介されています。
この問に関連した文章を、テキストブックやWikipediaその他から集め、それらしき文章を作り上げた上に、ほとんどの学生より高得点が得られるという結果まで達成したそうです。

が、ここが重要ですが、、、この「東ロボくん」、他の学生より優れた高評価の論文を書く(作文する)ことが出来ても、文章の内容は全く理解していないのだとか。



ここで、、、ふと、あることを思った英子です。


日本で、多くの人たちが行っている英語学習も、、、

もしかして、、、

英語の「意味を理解すること」より、正しい文法正しい文章高成績高評価が得られる読む・書く・聞く・話す英語が重視されていませんか?

正しい発音で英文を読むことが出来ても、、、
100%正しい文法や綴りで英文を書くことが出来ても、、、
会話の中の全ての英単語を正確に聞き取ることが出来ても、、、
正しい発音で英文を話すことが出来ても、、、

英文内容の意味を理解していなければ

書き手・話し手の意図を理解していなければ

実際の生活の中で、コミュニケーションのツールとして、英語を使うこと、役立たせることは出来ません。。。



「東ロボくん」が東大合格を諦めた理由を聞いて、ふと、そんなことを思った英子です。
で、みなさんとも、この発見を共有したくて、久々にブログをアップしてみました。



ちなみに、上記のような、新たな知識やアイデア等を英語で聞く(学ぶ)ことが出来る面白そうなビデオや興味深いビデオを見つけたら、「無料で英語で勉強」の中でご紹介していく予定です。

英語で紹介されていて、尚且つ、興味を持つことが出来る内容を見つけることが出来れば、英語というよりも、英語をコミュニケーションツールとして語られている「内容を理解したくなるはず!」というのが、英子の新たな企画です。

世界旅行中のキーウィ(ニュージーランド人)のトラベルライター

今回は、世界旅行中のキーウィ(ニュージーランド人)のトラベルライターに関する記事から。




クライストチャーチで生まれ育って、過去5年間はウエリントンで暮らしているというHeatherさん。

仕事は、トラベルライターで、写真家で、ブロガーだと答えていらっしゃいます。


12 months to explore the world with no bookings – and I'm still travelling.

12か月間、事前予約なしで世界を巡る旅に出て、現在も旅を続けている

というHeatherさん。
インタビュー記事を読んでみると、すごく楽しそうです。というか、旅や現在のトラベルライターとしての生活を、満喫している様子が、自然と伝わってきます。
写真の笑顔が、全てを物語っているような。

英子も旅好きで、いろいろなところを旅して来ました。一人旅だったことも多いです。
なので、なんだか共感を覚えるというか、思わず、この記事をピックアップしてしまいました。。。


2008年からブログを始めて、1200以上の記事を投稿しているそうです。

ちなみに、その、Heatherさんのブログは、こちら。
KiwiTravelWriter talks food, travel, and tips
https://kiwitravelwriter.wordpress.com/

現在は、ニューヨークを旅行中?


リンク先インタビュー記事の中には、旅に関するいろいろなことが書かれています。

特に、三つの旅のコツは、英子も同感。
身軽に、一人で、郷に入っては郷に従え、、、と。

その三つのコツも含め、より詳しくは、リンク先記事を是非ぜひ読んでみて下さい。



ではでは、Twitterでの今回の英語ニュースクイズの答えです。

世界旅行中のキーウィ(ニュージーランド人)のトラベルライター
Wanderluster of the week: Kiwi Travel Writer November 28 2016 (stuff)

Q1. Heatherさんが世界一周航空券を買ったのは何歳になった時?

When Heather Hapeta turned 50, she bought herself a round-the-world ticket.

Heather Hapetaさんは、50歳になった時に、世界一周旅行航空券を買った

とあります。なので、Q1の答えは、50歳でした。

人生の中で、冒険することを止めたり、諦めたりしてしまいそうな50歳から、この世界を巡る旅を始めたっていうところが、凄いですね。
なんだか、元気や、勇気や、やる気をもらえる様な気がします。


Q2. アジアの国で、彼女が一番気に入っているのはどの国?

Malaysia is my favourite Asian country.

マレーシアが一番お気に入りのアジアの国

とあります。なので、Q2の答えは、マレーシアでした。

他にも、インド、トルコ、エジプト、ボツワナ、ナミビアなどがお気に入りだそうですが。


今回のクイズはいかがでしたか?
今回から、文章をちょっと短めにしてみました。

疑問点や感想があれば、この記事のコメント欄(管理者にだけ表示を許可するにチェックを入れると、非公開として投稿も可です)又は、Twitterのメッセージからご連絡下さいませ。
こんなニュースが読んでみた~いというアドバイスもお待ちしてます。


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

日本のドミノピザが、トナカイにピザの配達のトレーニング

今回は、日本のドミノピザが、トナカイにピザの配達のトレーニングを行っているという記事から。

ちなみに、このトナカイがピザ配達っていう話題も、魚の氷漬けスケートリンクの話題も、ニュージーランドのテレビのニュースでも紹介されました。





リンク先記事で紹介してあるビデオの音声も字幕も日本語なんですが、、、ニュージーランドの人たちは、ビデオを見て、どう思ったんでしょう?
トナカイが出てくる場面は、映像だけを見ていれば内容が分かると思うけれど、会議っぽい場面での会話は、きっと、全く分からないですよね。。。


今回の英文記事の内容自体が短いんですが、

Christmas is a huge deal in Japan, but aside from trying to bring to life a Western Christmas tradition, the idea was also a possible solution to deliver pizzas during snowy weather.

クリスマスは日本では巨大イベントだけれど、この(トナカイでピザ配達の)アイデアは、欧米のクリスマスの習わしを持ち込もうとしているだけじゃなくて、雪の季節に、ピザの配達を可能にする方法でもある

とあります。


日本のことをあまり知らなくて、これを読んだ人は、日本も欧米と同じ様にクリスマスを祝っていると誤解してしまいそうですが、、、欧米のクリスマスと日本のクリスマスでは、意味合いに大きな違いがあるような気がします。

ニュージーランドのクリスマスは、日本のお正月の様な感覚で、二世代、三世代、大人も子供も含め、家族が集まって、クリスマスの飾りつけをして、クリスマス料理を食べて過ごすのが主流。

ニュージーランドの人たちに、日本では、クリスマスは祝日ではないこと、家族で過ごすのは子供が小さい内が主流で、大人になってからは、カップルでロマンチックに過ごすイメージが強いことを話すと、ビックリされます。

ただ、クリスマスツリーやクリスマスケーキ、クリスマスプレゼントは、どちらの国にも共通してます。
(今の時期、どこもクリスマス商戦で大賑わいです。)


リンク先記事ページの下に投稿されている、ニュース記事を読んだ人たちからの賛否両論あるコメントも読んでみて下さい。



ではでは、Twitterでの今回の英語ニュースクイズの答えです。

日本ではトナカイがピザ配達の練習中?
Rudolph, the pizza-delivery reindeer trained by Domino's Japan November 28 2016 (stuff - 情報元:Mashable)

Q1. 先月、ニュージーランドのオークランドでは、試験的に何によってピザが配達された?

Last month, the first commercial pizza drone delivery was made to Whangaparaoa, Auckland

先月、オークランドのファンガパラオア(オークランドの北にある半島)で、ドローンによる最初の商業用ピザ配達が行われた

とあります。ということで、Q1の答えは、ドローンでした。

これも、ドミノピザによる試みですが、
これっ、試験デリバリーが行われる前に、かなりニュースになりました。安全面とか、いろいろ問題視されたものの、みんな興味があったみたいで。
コスト面その他の問題が解決すれば、将来的に、ドローン配達が当たり前になったりする日が来るんでしょうか?


Q2. イギリスでは、何によるピザ配達のトライアルが行われた?

In England the company announced it was trialling delivery by canoe

イギリスでは、ドミノピザがカヌーによる配達のトライアルを行っているという発表があった

ということで、Q2の答えは、カヌーでした。


世界のドミノピザで、今までの方法とは違う配達方法のアイデアコンテストでもしてるんでしょうか。。。


今回のクイズはいかがでしたか?
疑問点や感想があれば、この記事のコメント欄(管理者にだけ表示を許可するにチェックを入れると、非公開として投稿も可です)又は、Twitterのメッセージからご連絡下さいませ。
こんなニュースが読んでみた~いというアドバイスもお待ちしてます。

ではでは、また次回に。


次回のクイズ:世界旅行中のキーウィ(ニュージーランド人)のトラベルライターについて

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

名前の性別見分け表、一般常識の英略語、携帯等で使う英略語

みなさん、こんにちは。下手名英子です。
↑昔、メールマガジンを発行していた頃の懐かしい書き出しを、ブログでも使ってみようかと。


下記のページは、復活更新済みです。

名前の性別見分け表
※実は、下手英サイト内で一番人気

一般常識の英略語

携帯等で使う英略語

是非ぜひご活用下さいませませ。



年齢や性別、生活環境等にかかわらず、、、
「英語が使える様になりたい!」と思っているあなたの少しでもお役に立てればいいなぁ~と、今日も願っている英子です。


「下手な英語もこうすりゃ使える」は、日本人が躊躇うことなく英語で情報を発信できる様になることを目標にしています。

近い未来に、インド人の人たちが話す英語や中国人の人たちが話す英語、ヨーロッパ各国語訛りの英語等と同じくらいに、日本人の英語が世界で通用する様になり、現在の子供たちが大人になる頃、そして、次の世代には、日本人の誰もが、言葉の壁を感じることなく、世界の舞台に立てる様になるのではないかと思います。

かつて「日本人は英語が話せない」とか「日本人は英語が苦手だ」と言われていた時代があった…と過去形で語られる日が来ることを思い浮かべながら、サイトの復活更新、頑張りま~す!

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術





次のページ